良質なコンテンツが検索エンジンに対して評価を高める

「良質なコンテンツが検索エンジンに対して評価を高める」という事は良く知られています。

多くの良質なコンテンツがあるウェブサイトは、検索エンジンに対してより多くのキーワードのインデックス(データベース化)を促します。

また、検索エンジンから検索者(ユーザー)にとって「有益な情報が数多く存在するウェブサイト」と認識され、高い評価を得やすくなります。
この事が結果的に、検索結果の上位への表示に繋がっていきます。

 

しかし、良質なコンテンツとは何でしょうか?また、どのように作成すればよいのでしょうか?

 

評価を高める「良質なコンテンツ(記事)」とは

検索エンジンが評価する良質なコンテンツとは「オリジナルで中身のあるコンテンツ」です。

他のウェブサイトからコピーしたり、SEO対策の為に特定のキーワードを意識したコンテンツ、自動生成されたコンテンツ、似通った大量のコンテンツなどは良質なコンテンツとは評価されないばかりか、現在では逆に評価を下げる結果にも繋がります。

 

つまり検索エンジンにとっての「良質なコンテンツ」とは、特殊な技能や能力を必要としているわけでは無く、コンテンツを書くための基本的なSEOの知識さえあれば、プロライターが書くような精錬された文章でなくても、検索エンジンに対して「良質なコンテンツ」として評価してもらえる事になります。

 

評価を高める為に「ブログ」を活用する

「良質なコンテンツを作成し続ける」事は、特に「ロングテールSEO」の観点からは重要だとされています。
そこで、今現在注目されているサイトコンテンツの一つに「ブログ」があります。

ブログであれば、基本的なコツや注意事項さえ守っていれば、前述したようにプロライターが書くような精錬された記事でなくても構いませんし、継続的な記事の投稿が可能です。

 

ビジネスサイトであれば「自社の商品やサービスに関連する記事」を積極的に投稿する事で、サイト目的に関連したインデックスを増加させることが可能になり、SEO効果を高められます。

是非、ブログも有効に活用してください。

 

参考記事⇒「ロングテールSEOとは」

お問い合わせ