優良な被リンク数を増やす

優良な被リンク数を増やす

SEO対策で重要な項目として、被リンク数が挙げられます。被リンクとは「リンクを被る」ということで、他者のホームページから自分のホームページへのリンクを受けることを指します。逆に、自分のホームページから他者のホームページへのリンクをつけることを「発リンク」と呼びます。

「SEO対策のために被リンク数を増やす」ことは以前と意味合いが変わってきていますので注意が必要です。一昔前に流行った相互リンクや、外部からのリンクを購入して被リンクされている方は必ず最後まで読み進めて頂くことをオススメします。

優良な被リンクとは

ここで注意して頂きたいのが、増やすのは「被リンク数」ではなく、「優良な被リンク数」であることです。「優良な被リンク」とはどのようなものを指すのでしょうか?
これは他者のホームページ内で「記事(ページ)の内容の中で紹介を受けているリンク」というものになります。よくあるホームページのサイドバナーやリンク集ページから受けているリンクではありません。優良な被リンクは以下の流れで発生します。

1.優良な記事(ページ)を作成する
2.記事(ページ)を読んだ方が他人に紹介したくなる
3.他者のホームページの記事(ページ)内で、自分の作成した記事(ページ)がリンク付きで紹介される


この流れで発生した被リンクが優良な被リンクだとGoogleは考えています。
なので、他者が作成した記事(ページ)の中で紹介されるような、優良なコンテンツを作成していくことが大切です。

リンク元のホームページに注意

相互リンクやリンクを購入して被リンクを受けている場合、SEO対策になるどころか検索順位に絶大な悪影響を及ぼす可能性があります。

以前は被リンク数を増やせば増やすほど優良なホームページだとGoogleから判断されていました。しかし、この被リンク数によって「検索結果を不正に操作するホームページ」が横行し、検索者にとって有益なホームページが上位表示されなくなってしまいました。そこで、Googleはこのような悪質なホームページを上位表示しないよう、検索エンジンのアップデートを行いました。(このアップデートはペンギンアップデートと呼ばれています)

相互リンクを主体として運営されているホームページや、リンクを売る為だけに制作されているホームページの場合、中身がかなり薄っぺらくなっていることがあります。このようなホームページは中身が薄いので有益な情報が無いと判断されている場合と、「検索結果を不正に操作しようとしているホームページ」と判断されている場合と二通りが考えられます。

前者の場合は自分のホームページに影響が無いので気にしなくてもいいですが、後者の場合は自分のホームページの検索順位に大きく影響してしまいます。最悪、検索結果の圏外に一緒に飛ばされてしまう可能性がありますので注意が必要です。
(わざと悪質なホームページを運営し、競合会社のホームページへリンクをつけてそのホームページを検索結果の圏外に飛ばしてしまうような逆SEO対策というものも存在しているようです)

もしもしっかりとホームページの更新を行い、SEO対策も万全に行っているのに検索結果の上位に上がってこないというときは、リンクを受けているホームページを調べてみる必要があります。(実際にリンク元が原因で検索順位に影響していたケースが見受けられました)
被リンク元につきましてはGoogleアナリティクスなどの解析ツールで調べることができますので、気になる方はすぐにでも確認して下さい。原因のホームページが分かれば、その発リンクを削除してもらうことで検索順位が改善されることも期待できます。

今回は「SEO対策 優良な被リンク数を増やす」についてご紹介しました。
今後のホームページ運営の参考にして頂けると幸いです。
お問い合わせ