キーワード率を適切にする

キーワード率を適切にする

ホームページの記事に「キーワード率」というものがあることをご存じでしょうか?
このキーワード率とは、「検索されたいキーワード」がどのくらい含まれているかという指標であり、「特定のキーワード使用回数÷全体のキーワード数」で算出することができます。
このキーワード率が高すぎても低すぎてもSEO対策としては効果が薄くなってしまいます。
では、どのような影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

キーワード率が低い場合

Googleは検索結果として「検索者にとってより有益な情報を上位表示する」ことを目標としています。
ここに「SEO対策」をキーワードとした1000文字のページが2つあり、片方ではキーワードを10回、もう一つはキーワードを1回だけ使用しています。この場合、どちらのページがSEO対策についてより有益な情報としてみなされるでしょうか?
おそらく大抵の方が5%の方がSEO対策についてより詳しく掲載されていると判断するでしょう。記事内容で主題となるような重要なキーワードは多く使われることが当然ですよね。Googleもこれと同じような判断をするので、キーワード率が低すぎる場合はそのキーワードに対しての情報が少ないと判断し、検索結果としても上位表示しづらくなってしまいます。

それでは、キーワード率は高ければ高いほうがいいのでしょうか?

キーワード率が高すぎる場合

キーワード率が高すぎる場合、今度は「検索順位を不当に操作するためにキーワードを詰め込みすぎている」と判断されてしまいます。このような「検索順位を不当に操作する行為」をGoogleでは「スパム(Spam)」行為と呼び、検索順位を下げられるどころか、最悪、検索順位の圏外まで飛ばされてしまいます。

適切なキーワード率とは

それでは、キーワード率を何%にするのが適切でしょうか?この割合についてはお答えすることができません。しかし、「高すぎても低すぎてもいけない」と言われると適切な割合が知りたくなるものですよね。
WebsiteCreeatorでは「3~5%」程度に設定することをオススメ致します。これは様々な記事を書く上で、キーワード率を意識せずに作成した結果、主題となるキーワード率が自然とこの割合に落ち着いてくるからです。
キーワードを入れようと意識するとキーワード率が不自然に高くなってしまい、読みづらくなってしまう。
主題から外れた記事を作成してしまうと少なくなってしまい、有益な情報がお届けできない。
読み手のことを意識して良質なコンテンツをつくりあげることが、キーワード率への対策にもなります。

今回は「SEO対策 キーワード率を適切にする」についてご紹介しました。
ホームぺージを運営していく上で、参考にして頂けると幸いです。

お問い合わせ