ディスクリプションをつける

ホームページの各ページにはディスクリプションというものが設定できます。このディスクリプションはホームページ上では表示されることが無いものなので、軽視されがちな傾向があり、未だに設定されていないホームページも多く見受けられます。SEO対策の観点からは様々な説がありますが、私はGoogleが公開している「検索エンジン最適化 スターターガイド」にも「ディスクリプションメタタグを設定しよう」と表記されている点からSEO効果は期待できると思っています。
(「検索エンジン最適化 スターターガイド」についてはこちら

それでは、ディスクリプションとはどこに表示され、どのようにつけるものでしょうか?
ディスクリプションをつける

検索結果のスニペットとして表示

ディスクリプションは「検索結果のスニペットとして表示される」可能性があります。気を付けて頂きたいのが「可能性」があるだけです。検索ワードによっては、ディスクリプションを設定していてもページ内容の関連が合うであろう箇所を自動で抜粋して表示することがありますのでご注意下さい。
このスニペットに表示されることによって、検索者(訪問者)がホームページ訪問前に内容を確認することができますので、適切なディスクリプションを設定することで検索結果からのクリック率が上がる効果も期待できます。

固有のディスクリプションを設定しよう

よくある間違いとして、ホームページ内の全てのページが同一のディスクリプションを設定していることがあります。確かにディスクリプションを設定することは大切ですが、すべてが同じ内容では意味がありません。最悪、検索順位が圏外になってしまう可能性もあるのです。
それぞれのページにはそれぞれのページ内容をまとめてディスクリプションに設定してください

100字程度にまとめる

ディスクリプションは長すぎるのは良くないとされています。これは検索結果のスニペットとして表示される文字数がデスクトップPC等で120文字程度、スマートフォンでは80文字程度らしいので、この文字数以上に設定を行っても省略表示されてしまいます。
このため、ディスクリプションを設定するときはページの内容を100字程度にまとめたものを設定するのが良さそうです。
(スマートフォンのみを対象とする場合は80字以内にまとめるのが得策かもしれないですね)

ページタイトルは入れるべき

ディスクリプションの内容は「ページの内容をまとめたもの」と言いましたが、ページタイトルにつけたキーワードは必ず含めるようにして下さい。これはSEO対策の観点なので様々な説がありますが、検索結果のスニペットとして表示されることがある以上、ページ内容及びページタイトルと内容をリンクさせることが大切だと思っています。

もしも「ディスクリプションを考えるのが一番難しい」(私も以前はディスクリプションを考えることが苦手でした・・・。)と思われる方は、ページ内容→ディスクリプション→ページタイトルの順番で記事作成を行ってみてください。こうすることで難しく考えることなく、ディスクリプションとページタイトルの内容が正確にリンクします。
如何でしょうか?
今回はディスクリプションの大切さや設定時の注意点をご紹介させて頂きました。
今後のホームページ運営にお役立ていただければ幸いです。
お問い合わせ