ローカル検索を対策する

ローカル検索とは?

「業種+地域名」のキーワードでGoogleで検索をおこなったとき、検索結果よりも上位にGoogleMapでの検索が表示されているのを見られたことがあると思います。
この部分が一般的に「ローカル検索」と呼ばれるもので、指定地域周辺にある業種キーワードに係るお店や会社が順位づけられて表示されています。この「ローカル検索」は通常の検索結果の上位にローカル検索のTOP3が並ぶことになり、このローカル検索に対しての対策を取ることも重要になってきました。

 

どのようにすれば対策が行えるのでしょうか?

 

ローカル検索を対策する上で、必要になってくるのが「Google+(グーグルプラス)」への登録となっています。
では、Google+(グーグルプラス)とは一体何なのでしょうか?

 

FacebookやTwitter、mixiといったものを総称して「SNS」と呼びます。最近ではこのSNSが色んな意味で猛威を振るっていますよね。

そして、Google+(グーグルプラス)とは「Google社が運営しているSNS」です。もちろん、SNSですので他者とのコミュニケーションを取ることもできますし、最近ではビデオチャットなどの機能も追加されて使用者が増加傾向にあります。

このGoogle+でビジネス(会社やお店など)の情報を扱うページのことをGoogle+ページと呼びます。
ローカル検索を対策する

Google+ページを充実させる

ローカル検索は通常のホームページとは違い、「Google+(グーグルプラス)ページ」と呼ばれるSNSページの内容を考慮し検索順位を決定しています。Google+ページでは営業時間の編集や画像の投稿、また、寄せられた口コミへの返信などを行うことができます。

このGoogle+ページの内容を充実させることによって、ローカル検索へのSEO対策が行えます。
このGoogle+は、無料で登録が行えますので、早めに登録されることをオススメします。

 

Google+ページは「Googleストリートビュー(屋内版)」を導入することでも充実化を図ることができます。
WebsiteCreatorでも撮影依頼を受け付けておりますので、疑問点や費用についてのことなどお気軽にご連絡下さい。(Googleストリートビューについて詳細はこちら)

お問い合わせ