競合店舗が少ない時だからこそ情報発信を怠らない!

ランニングステーション RunTree

 

今回のお題目は『競合店が少ない間に情報を発信し続け、お客様の囲い込みを行う』です!

 

ここ数年、ランニングステーション(略してランステ)という施設が増えてきているのをご存知ですか?
シャワールームやロッカーが常設されている、ランニングをする方に向けた施設です。ランニングはシューズさえあれば誰でも気軽に始められるため、その人気は増加の一途を辿っています。

 

ここで問題なのが、ランニングステーション自体全国的に店舗が少なく、あまり知られていない可能性があるということです。
そこでGoogleストリートビュー屋内版の出番です。施設内の実際の雰囲気をVRという形で見てもらい、知らない方へはもちろん、気になった方や興味を持たれた方へのアプローチツールとしても活用できます。

 

また、競合となる店舗が少ないときだからこそ、早めに導入することで得られるメリットがあります。この先、広島にランステが建ち並び始めたとしても、先に導入しているRun Treeさんの方が多くのユーザーに見られている状態が出来上がっているため、検索結果において優先的に表示される可能性が高くなります。(※必ず上位表示が確約されるわけではないのでご注意ください)

 

 

Googleストリートビュー(屋内版)は導入したからOKというものではありません。しっかりとその効果を得るためにも、自社サイトやSNSなどを利用されているのであれば、そちらの更新もしっかり行っていきましょう。(/・ω・)/

 

お問い合わせ