数ある医院の中から、少しでも自院を選んでもらいやすくする

いくなが歯科医院

 

さて、今回は歯医者さんのGoogleストリートビュー(屋内版)を見て行きましょう。
え、歯医者って撮影していいの?と言われそうですが、歯医者でも病院でも問題ありません
むしろ、歯医者さんのGoogeストリートビュー(屋内版)導入件数は、業種別で見てもトップ5に入ります。

 

導入の主な理由として、歯医者さんに持たれる「不安」「苦手」イメージを払拭するためのPRツールとして活用したい、という思いがあります。初めての歯医者、予めどのような歯医者なのか情報があるだけでも印象は変わってきます。内部の公開は、自院はもちろん、患者さんのためでもあるんです。
その他、最先端なイメージがあるので導入してみたいなども導入の理由として挙げられます。

 

また、キッズスペースがある歯医者さんは、お子様連れの方から大変喜ばれます。
Googleストリートビュー(屋内版)で漏れなく撮影し、積極的にアピールしていきましょう。

 

 

今や、歯医者の数はコンビニを上回る程です。その中で、自院を少しでも選んでもらいやすくするための(差別化を図るための)手段としてGoogleストリートビュー(屋内版)を導入されている医院さんも多数あります。
特に、東京や大阪などではかなりの件数の歯科医院様が導入されているので、是非参考にご覧ください。

 

お問い合わせ