Googleストリートビュー屋内版は世界中で利用されています

ノイシュヴァンシュタイン城

 

さて、これまでの記事で色々なGoogleストリートビュー(屋内版)をご紹介してきました。
ただ、いずれも国内で撮影されたものオンリーで紹介しているので、ここで「Googleストリートビューは世界的に利用されているもの」であるということに触れておこうと思います。

 

というわけで今回は番外編として、世界の名所にGoogleストリートビュー!をお伝えします。
(今回は屋内版ではありません。屋内版に関しては、世界の名所にGoogleストリートビュー(屋内版)でご紹介します)

 

今回ご紹介するのは、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城です(シンデレラ城のモチーフにもなりました)
こちらのお城をGoogleストリートビュー見てみるとわかるのですが、ポイントの数が兎に角多いです。
(ほとんどが1ポイントのみですが、探すと繋がっているものもあります)

 

そもそも、「Googleユーザーは世界的に9割以上」という数字からもわかるように、Googleストリートビュー、そしてGoogleストリートビュー(屋内版)は世界的にも多くの方に利用されているものなのです。

 

 

日本へ来る外国人旅行客数は年々増加しています。その方の大半はGoogleを使用し、何処に行くにしてもストリートビューを活用されています。また、2020年の東京オリンピックが控えている事もあり、GoogleストリートビューとGoogleストリートビュー(屋内版)の需要はこれから更に増えることでしょう。

「そんな話、うちには関係ないよ」と大半の方は思われるかもしれませんが、グローバル化の波に少し目を向けてみるのも面白いですよ。

 

お問い合わせ