Googleストリートビュー(屋内版)ブログ

GSVブログイメージ

 

ここではGoogleストリートビュー(屋内版)について、導入事例を交えながらその魅力をお伝えしていきます。
導入することで得られるメリットや、業種ごとでの撮影のポイントなどなどをご紹介します。

beams
Googleストリートビュー(屋内版)でお客様が見られているのは商品ではなくお店の雰囲気です。これは、アパレルショップを初めとした小売店様においても同じことが言えます。
ペットンカフェ
動物喫茶のように、生き物が居る場所にもGoogleストリートビューの撮影は可能です。 近年増えてきている業種だからこそ、競合店との差別化をしっかり行っていきましょう。
megawaorld
ストリートビュー自体、パノラマビューによる風景や雰囲気を見るためのものです。それは屋内版でも同じことで、商品をメインで見られているわけではありません。
ひまわり保育園
Googleストリートビュー(屋内版)を導入する事でセキュリティ面を心配される声をよく聞きますが、実際のところ安全性が低下するどころか、より健全で安心できる所として認知して頂けます。
ノイシュヴァンシュタイン城
世界各地の名所でもGoogleストリートビューは撮影されています。今回は番外編として、その一つドイツのノイシュヴァンシュタイン城をご紹介します。
株式会社 KDDI エボルバ 天神オフィス
普段目にすることが少ないオフィスの内観を公開することで、見る方へ先進的かつクリーンなイメージを与えることができ、他企業や就活生に対しての強力なアプローチツールになります。
崇徳学園
Googleストリートビュー(屋内版)を学校で導入しオープンな状態にしておくことで、いつでもどこでもユーザーの好きなタイミングで学校見学ができ、興味・関心を喚起します。
ランニングステーション RunTree
業種自体が珍しく近隣地域に競合店舗が少ないというのは大きなメリットです。同種の店舗が増え始める前に情報発信をしっかりと行い、お客様の囲い込みをすることが重要となってきます。
trente-quatre(トラントキャトル)
Googleストリートビュー(屋内版)を導入することで得られるメリットは、お店がどの辺りにあるのかが分かりやすくなり、お客様が迷うことなくお店に辿りつくことが可能となることです。
いくなが歯科医院
大人になっても「不安」や「苦手」なイメージが抜けない歯医者さん。Googleストリートビュー(屋内版)の導入でそのマイナスイメージを払拭し、患者様に少しでも多く足を運んでもらえるように準備しましょう。