googleストリートビュー

 

集客の最強ツール Googleストリートビュー

Googleストリートビュー(屋内版)とは、既におなじみである「Googleストリートビュー」のような360°パノラマ写真で屋内をユーザー(検索者)に見せることができるサービスです。現地に行かなくてもその場の雰囲気を味わうことができてしまう、正に夢のようなツールです。
ここでは、Googleストリートビュー(屋内版)のように360°のパノラマ写真で屋内をみることができるサービスのことを「バーチャルツアー」と表現致します。
西広島リハビリテーション病院様のGSV
<医療機関>
子供の部屋 Chica Chico様のGSV
<一般店舗>
広島桜が丘高等学校様のGSV
<教育機関>
※各画像をクリックすることでGoogleストリートビュー(屋内版)を体験できます。

ユーザーはバーチャルツアーの導入を切望している

約7割がVRの導入を希望している
Googleが公表している公式データの中に、どのくらいのユーザーがバーチャルツアーを希望しているかというデータが公開されています。このデータでは、Googleユーザーの実に6割以上の方がバーチャルツアーの導入を希望しているという結果が出ました。

 

日本でも既に70%程度の方がGoogleを使用していますので、そのうちの3人に2人がバーチャルツアーの導入を希望しているようです。

VRの導入で予約率が1.3倍に!

VRの導入で予約率が1.3倍!!
Googleが公表している公式データの中には、

 

・テキストだけの紹介
・画像を使用しての紹介
・バーチャルツアーを使用しての紹介

 

上記3種類でのユーザーの予約率が公表されています。画像とテキストで紹介されている場合とバーチャルツアーを使用して紹介している場合では、約1.3倍もの差が出ているのが分かります。

世界基準の認定を受けたカメラマンが撮影

Googleストリートビュー(屋内版)の撮影
通常のストリートビューはGoogleカーと呼ばれる車がパノラマ写真を撮影しながら公道を走ったり、車の入れない場所では人がカメラを背負って歩くことで撮影を行っています。この場合、どうしても動きながらの撮影となってしまいますので画質が荒かったり、画像のずれが生じてしまいます。

 

Googleストリートビュー(屋内版)では世界基準の認定を受けたカメラマンが各ポイントで三脚を設置し撮影を行います。その為、画質・品質ともに通常のGoogleストリートビューよりも良くなり、より現地の雰囲気をユーザー(検索者)に伝えることが可能です。

簡単・スムーズに導入できます!

導入の流れ
撮影には世界基準の認定を受けたカメラマンが、撮影画像の加工からインターネット上への公開までは多数の実績を持つクリエイターが行いますので、導入に際してお客様の手間は一切かかりません。
Googleストリートビュー(屋内版) 料金表
3point
5point
10point
15point
※表記価格は税抜です。
月額費用、年間費用、更新費用等のランニングコスト一切不要です。
初期導入費用のみで撮影、掲載することが可能です。
次のステップ

お問い合わせ